最新の主要ニュース

雄安から香港地区までの直通高速鉄道の始発列車走り出す

雄安新区の白洋淀駅に停車する「復興号」G305号の列車(撮影・◆広利、◆は刑のへんにおおざと)。

天津西駅始発で香港地区の西九龍駅を終点とし、雄安新区を経由する高速鉄道「復興号」G305号列車が7月10日11時42分、ゆっくりと白洋淀駅に停車した。

全国初!雄安新区で24時間営業の5G無人スマート書店が試営業スタート

雄安新区で試営業をスタートさせた24時間営業の5G無人スマート書店

河北移動と新華書店が共同で打ち出した全国初の24時間営業の5G無人スマート書店が雄安新区容城県新華書店内でこのほど試営業をスタートさせ、より便利で、よりスマートな書籍購入と読書体験を提供している。

雄安市民サービスセンター敷地内を循環運行する自動運転電気マイクロバス 雄安新区

6月26日、雄安市民サービスセンターで乗客を乗せる循環運行自動運転電気マイクロバス(撮影・張遠)。

雄安市民サービスセンターは雄安新区の設立後にスタートした最初の都市建設プロジェクトで、新区における機能の位置づけと発展理念をいち早く示している。主に市民に向けたサービスに用いられており、行政当局と新区

建設中の「アジア最大の高速鉄道駅」 雄安新区

(写真著作権は東方ICが所有のため転載禁止)

河北省に2017年4月1日に国家級新区として設置された雄安新区の初の大型インフラプロジェクトである雄安駅は2018年12月1日に着工して以降、着々と建設が進んでいる。総建築面積約47万平方メートルの同

北京と雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅を訪ねて

5月7日に撮影した京雄都市間鉄道雄安駅の工事現場の様子(撮影・韓氷)。

京雄都市間鉄道建設プロジェクトは国家重点建設プロジェクトであり、北京市と北京新空港、雄安新区を結ぶ重要な軌道交通ライン。この鉄道は北京と香港九龍を結ぶ京九鉄道の李営駅を始発駅とし、北京市大興区

無人配達カーが雄安新区に登場 河北省

菜鳥網絡の配達センターに向かう無人配達カー(3月31日撮影・金良快)。

菜鳥網絡はこのほど自主開発した新エネルギー無人配達カーを河北省の雄安市民サービスセンターに導入して運用を開始している。

まもなく設立2周年迎える雄安新区を空撮

上空から見た雄安新区安新県白洋淀埠頭(撮影・韓氷)。

河北省の国家級新区・雄安新区が設立されて間もなく2周年を迎えるのを機に、今月27日、同区のランドマークとなる建築物やインフラ施設を空撮した。雄安市民サービスセンターは完成し、既に運営が始まっているほか

注目集まる雄安新区、「トップレベルデザインは既に完成」

第13期全国人民代表大会第2回会議で3月5日、最初の「代表通路」での質疑応答が行われ、河北省委員会常務委員で副省長、雄安新区党工作委員会書記、管理委員会主任の陳剛氏が取材に応じた。

京雄都市間鉄道の北京新空港駅主体工事が竣工

2月25日、京雄都市間鉄道北京新空港駅プラットホーム階を巡回する作業員。同日、同駅の主体構造工事がすべて竣工した。京雄都市間鉄道は、北京市街地・北京大興国際空港と雄安新区を結ぶ重要な軌道交通ラインとなる。(撮影・張晨霖)

北京鉄路局は25日、「京雄城際(都市間)鉄道北京新空港駅の主体構造工事はすべて竣工し、今後は、バラストレス軌道建設およびレール敷設作業の段階に入る」と発表した。新華社が報じた。 京雄都市間鉄道は、

河北省雄安新区で第1回春節カーニバルが開幕

12日午前、雪景色となった河北省の雄安市民サービスセンターで、「2019雄安新区カーニバル」が開幕した。同イベントは河北省雄安新区管理委員会が主催し、中国雄安集団が共催。春節(旧正月、今年は2月5日)

1 2 3 4 5 次へ