最新の主要ニュース

雄安新区初の三級総合病院を訪ねて 河北省

上空から撮影した雄安宣武病院(4月2日、ドローンで撮影・翟羽佳)。

河北省雄安新区初の三級総合病院である雄安宣武病院は、患者の受診や薬品の受け取り、サンプル検査のすべてにおいてスマート化が進められている。同病院は雄安新区重点プロジェクトで、開業からすでに5ヶ月以上になる。中国新聞網が伝えた。

雄安新区公益図書館・「XIN空間」がオープン 河北省

河北省雄安新区容西片区にある賢渓社区(コミュニティ)に2月26日、公益図書館・「XIN空間」がオープンした。「XIN空間」は、首都図書館、天津図書館、河北省図書館が共同で企画した新たな協力プロジェクトで、閲覧スペースの面積は190平方メートル、蔵書数は1万8千冊にのぼる。中国新聞網が伝えた。

雄安新区でランタンフェスティバル開幕 河北省

ランタン作品「盛世花籃」(撮影・韓氷)。

河北省雄安新区安新県の大健康スポーツ公園で2月19日、元宵節(旧暦1月15日、今年は2月24日)を祝う「灯会(ランタンフェスティバル)」が開幕した。フェスティバル会場では、竜が昇天するデザインの「竜騰盛世」や、花かごをデザインした「盛世花籃」のほか、「年年有余」や「福禄寿」といった吉祥や幸せを願うモチーフをデザインした大型ランタン作品を展示している。中国新聞網が伝えた。

間近で見た雄安新区スタートエリア建設の進捗状況 河北省

雄安新区国貿センターの建設現場(撮影・李兆民)

河北省雄安新区における最初の建設区域である「スタートエリア」は、北京の非首都機能移転プロジェクト第一陣の受入地、ハイエンド・イノベーション要素の集積、質の高い発展の先導、雄安新区の雛形の具体化という重責を担っている。面積38平方キロメートルを擁するスタートエリアでは、中国中化本社ビルや中国華能本社ビル、雄安国貿センターなど重要プロジェクトの建設工事が盛んに進められている。1月20日の時点で、スタートエリアで進められている78件の建設プロジェクトの工事現場では、約1万6千人の作業員が建設作業に従事しており、277台のタワークレーンが使用されている。

雄安新区が一面の銀世界に 河北省

上空から撮影した、降雪後の雄安新区容東片区の夜景(12月12日撮影・王紅衛)。

冬になっても雪が降らないと、冬らしい雰囲気が物足りないような気がするものだ。先日、寒気と暖かく湿った空気の影響で、雄安新区に雪が降り続いた。降雪後の雄安新区は一面の銀世界となり、冬らしいムードが漂っていた。

輪郭を現しつつある雄安スポーツセンター 河北省雄安新区

建設中の雄安スポーツセンタースタジアムの内部の様子(10月24日撮影・朱旭東)。

河北省雄安新区スタートエリアの雄安スポーツセンタープロジェクトの建設は現在着実に進められており、スタジアム、体育館、水泳館の鉄骨構造の建設作業はすでに最終段階を迎えている。その輪郭を現しつつある雄安スポーツセンターは、今年年末にも全体的な構造が出来上がるとみられている。新華網が伝えた。

雄安新区雄東片区で初の庭園風変電所が稼動スタート 河北省

河北省雄安新区雄東片区初の庭園風変電所(9月20日、ドローンによる撮影・米晗)。

河北省雄安新区雄東片区で初めてとなる庭園風変電所「河谷110kV変電所」が9月20日、稼働をスタートした。 同変電所は、雄東片区初の110kV変電所であると同時に、初の庭園風変電所にもなっている。中国新聞網が報じた。

開校一期生となる新入生を迎えた雄安史家胡同小学校 河北省

雄安史家胡同小学校で、授業を受ける児童(9月13日撮影・朱旭東)

2023年秋季新学期が始まり、河北省雄安新区に新しく建設された雄安史家胡同小学校は、開校一期生となる新入生138人を迎えた。同小学校は、雄安新区管理委員会が現地での管理を担い、北京市東城区の史家胡同小学校がその学校運営を担うことになる。新華網が伝えた。

大雨による増水に対応する雄安新区新盖房水利センター 河北省

雄安新区新盖房水利センターの水門(8月3日、ドローンによる撮影・朱旭東)

河北省保定市雄県朱各荘鎮新盖房村にある雄安新区新盖房水利センターは、大清河北支流の南拒馬河と白溝河の合流地点の下流に位置しており、大清河水系の洪水調節における重要プロジェクトであり、同水系の洪水時放流における要所でもある。出水期に入って以降、雄安新区新盖房水利センターは、洪水を分流する水門や放水路を適宜稼働させ、上流からの洪水の排出をスムーズに実施。上流での洪水圧力を緩和すると同時に、雄安新区の安全な洪水対策に重要な保障を提供している。

上空から撮影した雄安新区「三校一院」プロジェクト 河北省

上空から撮影した雄安宣武病院(7月31日、ドローンによる撮影・韓氷)

河北省雄安新区でこのほど、雄安宣武病院委託医療協力調印式が行われた。これにより、同病院は開院準備に向けて新たな段階に入った。現時点で、北京が建設支援を行っている「三校一院」(教育機関3ヶ所と病院1ヶ所)は、いずれも北京市の支援機関が委託を受けて運営・管理を行うことになっている。

1 2 3 4 5 次へ