最新の主要ニュース

中央企業が雄安新区に子会社など100機関設立

国務院国有資産監督管理委員会がこのほど明らかにしたところによると、中央企業(中央政府直属の国有企業)はこれまでに雄安新区で、先端情報技術、インフラ建設、先進バイオ技術、現代型サービス業、エネルギー、新材料などの先端ハイテク産業をめぐって、子会社、支社、各種の下部機関などを100ヶ所以上設立しており、雄安新区の始動区(啓動区)建設とスタートアップ区(起歩区)の重要インフラ建設において重要な進展を遂げ、積極的な成果を上げているという。 中央企業はこれからエネルギー、電力、通信、鉄道交通などの分野で自身がもつ産業の基礎と専門性、特徴を十分に利用して、インフラと重点プロジェクトの建設への投資を拡大する。イノベーション(革新)による誘導を強化し、雄安新区で一連の世界トップクラスの新型科学研究機関、ハイテク企業の配置を加速し、一連の重点実験室、プロジェクト研究センターなどの建設を加速する。

デジタル化都市建設を推進する雄安新区 河北省

5月12日、河北省雄安新区政務サービスセンター総合税務サービスエリアで、住民向け業務を行う職員(撮影・金皓原)。

2018年5月30日に創立された河北省雄安新区政務サービスセンターは、企業と個人に対し、「ワンストップ式」行政手続申請の受理と便民サービス申請の受理を行っている。創立以来現在に至るまで、政務サービスセ

タワークレーンが林立する雄安新区容西片区の建設現場

上空から撮影した雄安新区容西片区(撮影・李兆民)。

このほど雄安新区容西片区を取材した。現場は熱気に満ち溢れ、建設現場にはタワークレーンが林立し、数万人の作業員が昼夜問わず建設作業を進めていた。人民網が伝えた。 雄安新区の関連当局によると、現在、容

雄安デジタル交通実験室を訪ねて 河北省

4月26日、雄安新区智絵未来科学技術園で、自動運転バスの運行テストを行う雄安デジタル交通実験室の職員(撮影・韓氷)。

雄安デジタル交通実験室は、河北省雄安新区内の智絵未来科学技術園にある。同実験室は、デジタル交通をめぐる共通性技術を提供するプラン構築に尽力し、スマート都市建設のサポートを目指している。これまですでに

活き活きと躍動する未来都市 河北省雄安新区

4月7日、北京大興国際空港と徳州を結ぶ京徳高速道路(第一期工事)立体交差の建設現場(ドローンによる撮影・牟宇)。

河北省雄安新区、ここは「未来都市」だ。新区の営林事業「千年秀林」では木々が青々と生い茂り、白洋淀にはさざ波が立ち、容東片区ではビル約1千棟の屋上部分が完成、容西片区にはタワークレーンが林立、工事用車両

雄州梨花遊園会が開幕 河北省雄安新区

4月5日、雄安新区雄県雄州鎮で、梨の剪定作業をする果物農家(ドローンによる撮影・邢広利)。

河北省雄安新区雄州梨花遊園会が4月5日に開幕した。同会は、「春風十里 大美雄州」をテーマとして、4月5日から11日までの期間、人々の豊かな文化的生活において雄安新区設立4周年を祝賀することを目的に開催

雄安新区設立から4周年 河北省

河北省雄安新区は2021年4月1日、その設立から4周年の記念日を迎えた。この4年間、同新区はまさに天地がひっくり返るような劇的な変化を遂げた。クレーンが林立し、勢いに満ちた「千年の城」雄安新区の姿

上空から撮影した雄安新区、秩序良く進む大規模建設

3月31日、上空から撮影した雄安新区雄東片区の建設現場(撮影・韓氷)。

「第14次五カ年計画(2021-2025年)」のスタートにあたり、雄安新区では、大規模建設が全面的に加速しており、約120件の重大プロジェクトが同時に進行し、北京の非首都機能を担うための準備が秩序良く

雄安新区に広がる春景色 河北省

3月30日、雄安市民サービスセンターの春景色(ドローンによる撮影・邢広利)。

春が訪れた河北省雄安新区は、緑が目に眩しく、いたるところで生命の息吹が感じられる。中国雄安集団の投資による初の高い基準からスタートさせた計画と、高い水準で建設された都市建設プロジェクトである「雄安市民

スマート都市建設をサポートする「スマート交通」プランを模索 河北省雄安新区

3月26日、雄安智絵未来科技園で、センサーにタッチして無人運転列車の乗降ドアを開ける、雄安デジタル交通実験室の任大凱さん(撮影・金皓原)。

雄安デジタル交通実験室は、河北省雄安地区内の智絵未来科学技術園にある。実験室は、スマート都市建設のサポートを目指し、デジタル交通をめぐる共通性技術を提供するプラン構築に尽力し、すでに著名スマート化設備

前へ3 4 5 6 7 次へ