最新の主要ニュース

雄安新区とアリババ提携「未来のスマートシティ」構築

河北雄安新区管理委員会と阿里巴巴(アリババ)集団は8日、河北省石家荘市で戦略的協力合意に調印した。双方は提携して、「クラウドコンピューティング」をインフラとし、「モノのインターネット」(IoT)を都市

雄安新区は千年の大計 高い起点・基準で建設を

19日、中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)の河北代表団の討論中に、雄安新区党業務委員会の陳剛書記(管理委員会の代表を兼任)は注目を集める同新区の建設状況について、「雄安は千年の大計であり

新進気鋭のデザイナーを発掘 「2017雄安ファッションフェスティバル」開催

「2017雄安ファッションフェスティバル」の様子(9月26日、撮影・任海霞)

河北省で「2017雄安ファッションフェスティバル」として行われた「第2回白洋淀(雄安・容城)国際ファッション文化イベント」の閉幕式が26日、無事終了した。

北京新空港、雄安新区との繋がりを重視

7日に閉幕した「第6回北京グローバル友好空港総裁フォーラム」において、北京は「ダブル・ハブ空港」という空港配置の構築をさらに進める方針であることが明らかになった。完成後の新空港は雄安新区と繋がり、首都

中国「四縦四横」高速鉄道網はすでにほぼ完成 雄安新区から香港が直通に

黒龍江省ハルビン市と牡丹江市を結ぶ「哈牡高速鉄道」の最も長いトンネル「虎峰嶺トンネル」が20日に貫通した。これは中国の「八縦八横」高速鉄道網の最北端の「横」が重大な難関を乗り越えたことを意味している

中国電信、雄安で5Gネットの建設に着手

中国電信(チャイナ・テレコム)は9日、河北省雄安新区雄県において、5G革新モデルネットワークの建設事業をスタートさせたことを明らかにした。また、「中国電信5G革新モデルネットワーク白書」を発表した。2

北京-雄安新区鉄道、2019年に操業開始 営業距離は約100キロメートル

中国鉄路設計集団有限公司はこのほど、「北雄(北京-雄安)新設鉄道」の第1回環境アセスメント結果を公式サイト上で発表した。北雄鉄道は全長100.283キロメートル、北京市大興区に3駅が設けられ、終点は雄

北京 大陸部で最良の起業都市に

大衆による起業・革新(イノベーション)政策や起業・革新の人材が都市での起業にもたらす影響を尺度として検討した結果、北京市は標準ランキング都市研究院が優客工場とともにこのほど発表した「2017年大陸部最

国内外の設計事務所12社、雄安新区都市設計案を提出

河北省雄安新区スタート区都市設計国際コンサルティング・プロジェクトの第1回現場コンサルティングが、14日から16日まで保定市で開催された。中国、米国、イタリア、スペイン、日本、ドイツ各国の設計事務所

貴重な文化遺産を生かす 雄安で進む文化財保護と社会・経済発展の統合

雄安新区の歴史文化遺産の発掘・保護を推進する目的で、河北雄安新区管理委員会、河北省文化庁、河北省文学芸術界連合会の共同主催による「雄安新区歴史文化・遺産保護座談会」がこのほど、河北大学で開催された。北

前へ4 5 6 7 8 次へ