最新の主要ニュース

北京と雄安新区をつなぐ高速鉄道が6日から運行へ

今月6日、中国の鉄道当局は、北京南駅と雄安新区を結ぶ動車組(高速列車)を初めて2便運航する。中国鉄路総公司が1日の取材に対して明らかにした。新華社が報じた。

雄安新区のバス・タクシー、新エネ車が中心に

中国交通運輸部(省)は27日の記者会見で、雄安新区の交通計画を発表した。呉春耕報道官は、雄安新区を「地域交通一体化のモデルエリア、現代総合交通運輸体制改革・発展の試験エリア」にすると発表した。

北京・天津・河北共同発展 構築進む「1時間交通圏」

首都経済貿易大学と社会科学文献出版社は26日午後、「北京・天津・河北青書:北京・天津・河北発展報告(2017)」を共同で発表した。青書によると、北京・天津・河北共同発展において、交通一体化の発展が過去

北京新空港と雄安新区を結ぶ京霸鉄道が着工

21日、中国中鉄北京工程局北京公司が施工を担当する京霸(北京-霸州)鉄道が正式に着工した。同鉄道は、京九(北京-香港九龍)旅客輸送専用線の重要な構成要素となるだけではなく、北京新空港と雄安新区を結ぶ重

河北省、4月の観光業ランキング発表 新設の雄安新区のホット指数がトップ

河北省旅游(観光)発展委員会は9日、公式微博(ウェイボー)アカウントで4月の同省の「観光業界現状報告・観光業ランキング」を発表した。うち、同省の各県級市(行政区画の単位で『県』と同じ区分にある市)、区

張高麗氏「雄安新区計画建設の良いスタートを」

張高麗副総理(中共中央政治局常務委員)は6日、河北省で雄安新区計画建設の事業状況を視察した。新華社が伝えた。 張副総理は容城県で雄安新区の鉄道、道路、水路など交通状況を把握。

<企画>雄安新区設立を読み解く

中国共産党中央委員会と国務院はこのほど、河北雄安新区の設立を決めた。

河北省「雄安新区」設立から1ヶ月

中国では、「満月(満1ヶ月)」という言葉で新しく誕生した生命や物事の成長を表す習慣がある。

雄安新区 スタート区の計画設計で世界規模入札

河北雄安新区は26日に河北省保定市容城県で記者会見を行い、新区の臨時党委員会委員と準備委員会の副委員長を務める牛景峰氏が情報を明らかにした。

雄安新区建設の理由と地域選定の理由とは?

21世紀の北京は、空前絶後の発展を遂げたものの、「大都市病」によるさまざまな苦境に直面している。新華社が伝えた。 ▽雄安新区建設の理由とは? 2014年10月17日、習近平総書記は「北京市・天津市・河北省の協同発展計画全体構想枠組」を確認し、指示を出した際、「現在、北京、天津、河北の3エリアは発展格差が大きく、ともに歩み、同じように発展を促進することはできないが、格差がさらに拡大してはいけない。

前へ2 3 4 5 6 次へ