最新の主要ニュース

河北の雄安新区高速道路プロジェクトは2020年開通予定

河北省交通運輸庁は今年、高速道路建設プロジェクトのほとんどが北京・天津・河北エリア協同発展、雄安新区建設、冬季五輪および貧困者支援難関攻略などの重大戦略プロジェクトの達成に重点を置き、連結すべきものは

<図解>雄安新区1周年までの歩み

2017年4月1日、中国共産党中央と国務院は、河北省に雄安新区を設立する決定を明らかにした。雄安新区の設立は、習近平総書記をトップとする党中央が生み出した歴史的な重大戦略であり、深セン経済特区と上海浦

「千年大計」の今 雄安新区設立から1周年

2017年4月1日、中国共産党中央と国務院は、河北省に雄安新区を設立する決定を明らかにした。雄安新区の設立は、習近平総書記をトップとする党中央が生み出した歴史的な重大戦略であり、深セン経済特区と上海浦

設立から1周年を迎えた河北省雄安新区、再び世界の注目集める

ドローンで撮影された雄安新区の「千年秀林」植樹プロジェクトの現場(3月30日、撮影・■広利、■は刑のへんにおおざと)。

白洋淀景勝地がある河北省の雄安新区は2017年4月1日に設立し、すでに1周年を迎えた。

雄安新区の建設において北京が7つの面からサポート

全人代代表で北京市発展改革委員会主任の談緒祥氏は、雄安新区の建設を北京新型都市全体計画に盛り込むことを支持すると表明した。北京は今後7つの面から雄安新区の建設をサポートし、雄安新区が高品質発展で全国の

中国、春節前後の北京-雄安区間の高速鉄道利用者が7.8万人に

今年の春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)期間中、北京-雄安区間の高速鉄道を延べ7万8000人が利用した。中国鉄路北京局集団有限公司が13日の取材に対して明らかにした。新華社が

雄安新区で263ヶ所の遺跡・文物を発見 

河北省文物研究所によると、河北雄安新区は半年にわたる考古学調査で263ヶ所の遺跡を発見した。新石器時代から明清代とみられるものまで、様々な時代の遺跡が発見された。

北京と雄安を結ぶ都市間鉄道の北京区間が来年開通

北京市住宅都市農村建設委員会(住建委)はこのほど、現在進行中の鉄道建設プロジェクトについて、注目を集めている北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道、北京市と遼寧省瀋陽市を結ぶ京沈高速鉄道、北京市と雄

北京と雄安新区つなぐ都市間鉄道建設が5月からスタート

中国鉄路設計集団有限公司が公表した、北京市と河北省の雄安新区をつなぐ新たな都市間鉄道建設の環境影響評価書は、同鉄道の地理的位置や路線の平面イメージ図を明らかにしている。京雄都市間鉄道のうち、新空港の北

モバイル共通交通ICカードが北京・天津・河北で利用可能に

カードタイプの北京市共通交通ICカードが北京・天津・河北エリア内で利用可能となっただけではなく、携帯電話でもこうした機能を実現できるようになった。北京市政交通共通カード公司はこのほど「モバイル共通交通

前へ2 3 4 5 6 次へ