北京・天津・河北フォーカス

雄安市民サービスセンターは「オープン、シェア、スマート」がキーワード

雄安新区市民サービスセンター(撮影・王帥)。

スマホをシェイクするだけで、オフィスのドアが自動的に開き、エアコンとライトの電源がオンになる。無人スーパーでの買い物からホテルのチェックイン、レストランでの食事の全てが、顔認証で決済可能だ。開放パーク

京張高速鉄道が来年末までに全線開通予定

北京と張家口を結ぶ京張高速鉄道の施工業者のひとつである中鉄六局は26日、京張高速鉄道は、2019年8月に全線のテスト運行を実施し、同年の年末までに全線開通を予定していることを明らかにした。人民網が伝え

北京と雄安結ぶ快速地下鉄線、雄安―北京新空港間がわずか20分に

22日に発表された「河北雄安新区計画綱要」では、北京と雄安新区を結ぶ快速地下鉄線の整備計画が打ち出されている。同地下鉄線は、牡丹園と新空港を結ぶ北京新空港線の北区間と北京新空港と雄安を結ぶ南区間で構成

<図解>中央政府が雄安新区計画綱要を許可 「これから」一覧

2018年4月20日、中国共産党中央委員会と国務院は、「河北雄安新区計画綱要」を許可したことを明らかにした。同綱要は雄安新区の計画建設の基本的なよりどころとなるものだ。人民網はこのたびの許可を通してみ

雄安新区に繋がる高速道路が2020年にも開通予定 河北省

河北省交通運輸庁は、同省における今年の高速道路建設プロジェクトの多くは、北京・天津・河北エリア協同発展、雄安新区建設、冬季五輪および貧困者支援難関攻略などの重大戦略プロジェクトの達成に重点を置いたもの

河北の雄安新区高速道路プロジェクトは2020年開通予定

河北省交通運輸庁は今年、高速道路建設プロジェクトのほとんどが北京・天津・河北エリア協同発展、雄安新区建設、冬季五輪および貧困者支援難関攻略などの重大戦略プロジェクトの達成に重点を置き、連結すべきものは

石家荘空港の空路・鉄道連絡輸送が北京の航空旅客混雑を緩和

河北省の石家荘正定国際空港はこのほど、今年第1四半期(1-3月)において石家荘空港の空路・鉄道連絡輸送方式が前年同期比102%増の延べ25万7千人を輸送したことを明らかにした。北京日報が報じた。

モバイル共通交通ICカードが北京・天津・河北で利用可能に

カードタイプの北京市共通交通ICカードが北京・天津・河北エリア内で利用可能となっただけではなく、携帯電話でもこうした機能を実現できるようになった。北京市政交通共通カード公司はこのほど「モバイル共通交通

中国が「青空3年計画」を制定

中国は今年、「青空を守るための三年作戦計画」を制定する。また、北京・天津・河北および周辺地域、長江デルタ地域、汾河と渭河の流域にある汾渭平原など重点エリアの大気汚染防止関連方案も制定・発表する構えだ。

商務部:中英両国、雄安テクノシティを建設

英国のテリーザ・メイ首相が現在、中国を公式訪問中だ。中国商務部(省)の高峰報道官は1日、「中国と英国は、『一帯一路(the Belt and Road)』 建設、金融、農業、科学技術などの各分野に関す

1 2 3 下一页