北京・天津・河北フォーカス

北京と雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅を訪ねて

5月7日に撮影した京雄都市間鉄道雄安駅の工事現場の様子(撮影・韓氷)。

京雄都市間鉄道建設プロジェクトは国家重点建設プロジェクトであり、北京市と北京新空港、雄安新区を結ぶ重要な軌道交通ライン。この鉄道は北京と香港九龍を結ぶ京九鉄道の李営駅を始発駅とし、北京市大興区

無人配達カーが雄安新区に登場 河北省

菜鳥網絡の配達センターに向かう無人配達カー(3月31日撮影・金良快)。

菜鳥網絡はこのほど自主開発した新エネルギー無人配達カーを河北省の雄安市民サービスセンターに導入して運用を開始している。

まもなく設立2周年迎える雄安新区を空撮

上空から見た雄安新区安新県白洋淀埠頭(撮影・韓氷)。

河北省の国家級新区・雄安新区が設立されて間もなく2周年を迎えるのを機に、今月27日、同区のランドマークとなる建築物やインフラ施設を空撮した。雄安市民サービスセンターは完成し、既に運営が始まっているほか

京雄都市間鉄道の北京新空港駅主体工事が竣工

2月25日、京雄都市間鉄道北京新空港駅プラットホーム階を巡回する作業員。同日、同駅の主体構造工事がすべて竣工した。京雄都市間鉄道は、北京市街地・北京大興国際空港と雄安新区を結ぶ重要な軌道交通ラインとなる。(撮影・張晨霖)

北京鉄路局は25日、「京雄城際(都市間)鉄道北京新空港駅の主体構造工事はすべて竣工し、今後は、バラストレス軌道建設およびレール敷設作業の段階に入る」と発表した。新華社が報じた。 京雄都市間鉄道は、

河北省雄安新区で第1回春節カーニバルが開幕

12日午前、雪景色となった河北省の雄安市民サービスセンターで、「2019雄安新区カーニバル」が開幕した。同イベントは河北省雄安新区管理委員会が主催し、中国雄安集団が共催。春節(旧正月、今年は2月5日)

北京と雄安結ぶ都市間鉄道で「復興号」の運行開始

1月24日、時速160キロメートルの「復興号」CR200J型高速列車が初めて、雄安新区白洋淀駅に入った。これにより、北京南駅発保定駅行きのD6655、D6656、D6657、D6658号

雄安新区の意見付回答書:大規模な商業用地開発は厳禁

雄安新区市民サービスセンター(2018年12月7日、ドローンによる撮影・楊世尭)

国務院はこのほど、「河北雄安新区全体計画(2018―2035年)(以下、計画と略)」に対する意見付回答書を発表した。「計画」には、雄安新区は、北京都市副センターと共に、北京の新たな両翼を形成

北京・天津・河北共通交通ICカード、2020年の全国利用実現を目指す

北京市交通委員会の担当者はこのほど、北京・天津・河北エリア一体化プロジェクトの最新進展状況について発表した。2019年6月には、新空港高速道路および新空港北線高速道路が開通する見通し。また、北京と雄安

北京-雄安都市間鉄道雄安駅、来月着工

北京市公共資源取引サービス・プラットフォームにおいて、京雄(北京-雄安)都市間鉄道の雄安駅および関連工事の入札募集公告が発表された。

肉まんチェーン店「慶豊包子鋪」が雄安新区に無人スマート店舗オープン

セルフオーダー機や環境にやさしい食器、自動販売設備などを導入して人件費削減を図る中国の肉まんチェーン店「慶豊包子鋪」の容城新店が16日午前オープンした。これにより「慶豊包子鋪」は、河北省の雄安新区

1 2 3 4 5 下一页