北京・天津・河北フォーカス

来年6月には開通予定!京雄高速道路の最新動向をチェック

北京市と雄安新区を結ぶ京雄高速道路はこの2つの地点をつなぐ最も重要な連絡通路の1つで、雄安新区と北京大興国際空港を結ぶ主要高速道路となる。その総距離は69.462キロメートルに達し

京雄都市間鉄道、架空電車線システムが全線で開通

8月26日、架空電車線のチェックを行う総合メンテナンス車両(撮影・劉華明)。

北京と河北省雄安新区を結ぶ京雄城際(都市間)鉄道の大興空港―雄安区間で10日午前、架空電車線システムへの送電が成功し、同都市間鉄道の架空電車線が全線で開通した。中国鉄路北京局集団有限公司によると、京雄

雄安新区に広がった素晴らしい青空 河北省

23日夜に降った大雨が、晴れわたった青い空という贈り物をくれた。河北省雄安新区に住む多くのネットユーザーが、うっとりするような美しさの青空を撮影した写真をネット上に投稿した。 澄み切った青空は、見

建設着々!上空からの写真でたどる雄安駅工事 河北省

北京と河北省・雄安新区を結ぶ京雄城際(都市間)鉄道の雄安駅は、河北省雄安新区を象徴する建物だ。北京の非首都機能を分散し、鉄道で北京市・天津市・河北省を結ぶうえで、同駅は重要な役割を果たす。人民網が報じ

京雄都市間鉄道、全線でレール敷設工事が完了

8月17日、京雄都市間鉄道の最後のレール連結のために待機するレール敷設機(ドローンによる撮影)。

北京と河北省・雄安新区を結ぶ京雄城際(都市間)鉄道で8月17日、長さ500メートルの最後のレールが連結され、レール敷設工事が全て完了した。年末に開通・営業開始が実現する見通し。京雄都市間鉄道が全線開通

このスケール!上空から眺めた雄安駅の最新の様子

上空から撮影した雄安駅(撮影・任双歓)。

河北省雄安新区雄県市街地の東北部に位置する雄安駅は、北京市と雄安新区を結ぶ京雄城際(都市間)鉄道で最大規模を誇る建設中の鉄道駅。同駅の建築総面積は47万5千平方メートル、プラットホーム計11本と線路

おおよその姿を現した雄安駅 河北省

7月13日、屋根の雨よけのひさしと高架層鉄骨構造の工事が進む京雄都市間鉄道雄安駅。駅建物はハスの葉に露のしずくがあるようなデザイン(撮影・孫立君/写真はカメラマンによる一社独占提供のため転載禁止)。

北京市と河北省雄安県を結ぶ都市間鉄道の雄安駅では13日、打放しコンクリート工事がほぼ完了した。現在は屋根部分の雨よけのひさしと高架層鉄骨構造の工事が秩序よく進められている。雄安駅は京雄都市間鉄道で規模

世界初の高速鉄道防音トンネルが京雄高速鉄道で完成

6月21日、北京と雄安新区を結ぶ京雄城際(都市間)鉄道の固覇特大橋区間に建設が進められていた、時速350キロメートルの列車走行に対応する世界初の消音プロジェクト「防音トンネル」が完成した。この防音トン

京雄都市間鉄道河北区間の全線レール敷設がスタート

北京―雄安都市間鉄道(河北区間)レール敷設工事現場でレール敷設を進める作業員(撮影・孫麗萍)。

北京市と雄安新区を結ぶ京雄城際(都市間)鉄道(河北区間)レール敷設工事現場では6月3日、砂利が敷き詰められた路床の上に、1組長さ500メートルのレールが無事に敷設された。これにより、同鉄道の建設工事が

150億元!河北省、「雄安新区建設プロジェクト特別債」の発行を継続

河北省財政庁は、河北省が25日、上海証券取引所において、2020年第5期地方債を発行し、その発行額は468億元(1元は約15円)に達し、調達された資金は民生保証と経済社会発展プロジェクト建設に運用され

1 2 3 4 5 下一页